介護の知識

段階の世代が75歳になる!?超高齢化社会の問題とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2025年問題とは?

団塊の世代が75歳を迎える2025年になると、日本の全人口の4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会になります。
65歳以上の高齢者数の急増が2040年頃までであるのに対して、75歳以上の後期高齢者は2050年頃まで増加傾向が続いていくのです。

超高齢化社会になると何が変わるのでしょうか?

たくさんの高齢者が増えることで、介護や福祉、医療サービスのニーズが高まります。
また社会保障を長年支え続けてきたのは団塊の世代が中心と言っても過言ではないため、その方々が受給する側にまわることで、社会保障全般のバランスが崩れる可能性があるのです。
2012年の日本では、高齢者1人に対して2.4人の国民が社会保障費を支払っている「騎馬戦型」となっていますが、これまで働き盛りであった団塊の皆さんが全て受給側にまわってしまう2050年には高齢者と生産年齢人口が1対1となってしまう「肩車型」になると言われています。

地域医療構想の策定がスタートしている!

超高齢化社会に向けた対策として、各自治体では「2025年にどのような医療や介護、福祉のサービスが必要か?」を考える地域医療構想の策定がスタートしています。
医療や介護のサービスは、人口構成や地域によって大きく異なる傾向があるため、各自治体に合った方針を考えるのが最良の方法となります。
また各地域で構想された方針は、類似の人口構成を持つ自治体への応用もできるため、さまざまなエリアで検討することも日本の介護や医療を良い方向に導く作用に繋がるのです。
このような取り組みは各自治体の市報などでも紹介されていますので、「自分の地域がどんな方向で動いているのか?」を確認することも、2025年問題に向けた地域住民ひとりひとりができる準備であると言えるでしょう。
家族の中に高齢者が増えた時、パニックに陥らないためにも、利用できるサービスに目を向けることも大事な取り組みと言えそうです。

役に立った/参考になったと思ったら拡散をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
勤務地や職種別で探せる!介護士求人を見る

ページTOPへ戻る