介護の知識

機能訓練指導員の仕事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

機能訓練指導員とは?

機能訓練指導員は、老人ホームやデイサービスセンターで1名以上の配置が定められている職種です。
日常生活能力の向上を目的とする機能訓練指導員の仕事では、高齢者の皆さんへのリハビリ訓練を中心に体のケアを行っていきます。
近年では機能訓練に関するニーズが急増しているため、今まで以上に活躍の場が広がっている職種と捉えて良いでしょう。

機能訓練指導員の資格要件とは?

機能訓練指導員になるためには、下記の資格のいずれかが必要となります。

・作業療法士
・理学療法士
・言語聴覚士
・柔道整復師
・あんまマッサージ師
・看護師、准看護師

施設によっては機能訓練指導員の資格を限定しているところもありますので、希望する就職先の募集要項をきちんと確認するようにしてください。
また病院のリハビリテーションセンターなどでの経験がある人は、介護施設でも即戦力として期待される傾向がありますので、履歴書や職務経歴書に過去の実績を記入して面接でアピールするとよいでしょう。

機能訓練指導員のやりがいとは?

機能訓練指導員は、加齢や寝たきり生活によって筋力が低下した高齢者の皆さんを中心の、その人に合ったマッサージやストレッチの指導を行っていきます。
比較的元気なお年寄りの場合は、みんなで集まってストレッチを行うこともできるため、機能訓練指導員が施設内でのコミュニケーションを円滑にする役割を担うこともあるのです。
また機能訓練指導員は、筋力低下によって歩行に不安のある高齢者の皆さんの話を聴く機会も非常に多いため、足や手などの細かな部位に関する悩みの解消に向けた手助けができるのも、この職種ならではと言えるでしょう。
毎日の機能訓練によって高齢者の皆さんが自立した生活を送れるようになることが、この仕事のやりがいに繋がります。

役に立った/参考になったと思ったら拡散をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
勤務地や職種別で探せる!介護士求人を見る

ページTOPへ戻る