介護の知識

生活支援員の仕事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活支援員とは?

生活支援員は、デイサービスセンターなどの高齢者福祉施設で相談援助や指導を行う職種です。(イリーゼでは生活相談員と呼んでいます)
デイサービスセンターを開所する際には、必ず1名以上の生活相談員を常勤させることが義務付けられています。
グループワークやケースワークといった援助技術を活用する生活支援員は、お年寄りの皆さんとの関わりを通して自立を促すサポートを行います。
この仕事は、お年寄り本人だけでなく自宅で介護をしている家族の皆さんも相談対象となりますので、幅広い人々の悩みを受容できるスキルと提案力が必要な職種言えるのです。
またお年寄りがさまざまな施設やサービスを利用している場合は、自分の施設外の機関との連絡も必要となりますので、各種調整やコミュニケーションも欠かせない仕事となります。

施設内のマネジメントに関わることもある!

常勤配置される生活支援員は、事業所内の各種調整や管理などのマネジメント業務に携わることも多い職種です。
またお客様を含めた内外との連絡調整が非常に多いため、「さまざまなお年寄りや機関の情報を把握している」という意味でも、施設の核となる仕事と捉えて良いでしょう。
生活支援員の仕事をしているとさまざまな角度から介護業界に触れることができるため、介護職としてのステップアップとしてこの職業に憧れる人も多い実情があります。

生活支援員になるためには?

生活支援員になるためには、介護福祉士や社会福祉士、社会福祉主事などの資格が必要となります。
生活支援員の募集は即戦力となる人材を求める傾向が高いため、介護職としての経験や各種調整能力の高い人が採用されやすくなります。
この職種の仕事内容は各施設によって大きく異なりますので、相談だけを行うのではなく、オールラウンダー的な形で業務に携われる人が適していると言えそうです。

役に立った/参考になったと思ったら拡散をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
勤務地や職種別で探せる!介護士求人を見る

ページTOPへ戻る