介護の知識

注目資格!福祉住環境コーディネーターとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者にとって住みやすい住環境の整備や提案を行う民間資格です。
福祉、医療、建築に関する体系的な知識を習得することで、建築士や介護福祉士、ケアマネージャーなどと連携を取りながら、高齢者の住宅改修プランなどを提案できるようになります。
また福祉住環境コーディネーターは福祉用具に関する知識にも長けているため、在宅介護を行う家族の相談役として活躍することもできるのです。

福祉住環境コーディネーターの受験者は非常に幅広い!

福祉住環境コーディネーターの資格を取る人は、福祉や介護の現場で働くスタッフだけではありません。
高齢者でも快適に暮らせるバリアフリーなどに興味を持つ住宅営業や建築士にも、福祉住環境コーディネーターの資格保有者は非常にたくさんいます。
また自分の祖父母や両親のために住宅の新築やリフォームを考えている家族の皆さんにも福祉住環境コーディネーターを勉強している人が多い傾向がありますので、意外と幅広い方々に浸透している資格と言えるのです。
在宅介護のニーズが高まるこれからの時代は、福祉住環境コーディネーターによって高齢者や障がい者が快適に過ごせる住宅も増えていくと言えそうです。

福祉住環境コーディネーターの試験概要とは?

福祉住環境コーディネーターの検定試験は、7月と11月の年2回行われています。
福祉住環境コーディネーターのサイトでは公式テキストなども発売されていますので、独学で合格を目指すことも可能な資格となります。
またこの資格を主催する東京商工会議所では、「福祉住環境コーディネーター協会」という団体を運営しています。
協会内では、福祉住環境に関する情報発信やセミナー、見学会なども行っていますので、更なる知識を増やしたいという人にも、学習の場が用意されている資格です。

役に立った/参考になったと思ったら拡散をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
勤務地や職種別で探せる!介護士求人を見る

ページTOPへ戻る