シャワーで発生する水のトラブル

浴室でシャワーに水のトラブルが起きることもあります。ヘッドとホースの接合部分や、ホースと混合水栓の接続部分は水漏れが発生しやすい箇所です。最初は少量の水漏れでも、放っておくと累積の水道料金が高額になることも考えられます。そのため、パーツの修理や交換などを視野に入れて、早めに対処をしましょう。

■水漏れを改善する流れ

まず、水漏れが起きている箇所はどこなのかをはっきりさせます。カランを閉めると水漏れが収まる時は、ヘッドかホースに異常があります。カランを閉めてみても水漏れする時は、混合水栓部分に異常があると考えられます。それぞれ止水栓や元栓を閉めて、水の供給を止めてから修理を始めましょう。
次に、自分で修理ができそうかどうかを判断します。適合するサイズの部品を揃えられるか、DIYに自信があるかを鑑みて、不安がある場合は業者へ依頼を行います。賃貸住宅に住んでいる時は、修理を行って良いか大家さんに確認を取ってみる必要があります。
自力で修理を行う場合、ホースに穴が空いていたら、自己癒着テープとパワーテープを巻きつけて対処します。ヘッドとホースの接合部分で水漏れが発生していれば、パッキンとOリングを交換します。ホースと混合水栓の接続部に水漏れが見られる時は、パッキンまたはエルボの劣化が要因となっているので、これらを取り替えます。

■日頃から工夫するとシャワーを長持ちさせられる

シャワーは普段からちょっとした工夫を行うことで、より長く使用できるようになります。水のトラブルが発生することを避けるためにも、コツについて知っておきましょう。
シャワーを長持ちさせたい時には、水気を減らすことが肝心です。入浴した後は、浴室全体に冷水をかけて、タオルなどで水分を拭います。換気扇も回しておくと、カビやサビの発生を防ぐことができます。
ホース部分に発生したカビを除去する時には、洗剤を数回スプレーして洗い流してみます。ただし、併せて他のパーツも洗浄しようと複数の洗剤を用いた場合、組み合わせによっては有毒なガスが発生してしまう可能性もあるので、成分を確かめることが大切です。換気も忘れずに行いましょう。
寒冷地に住んでいる際には、冬場にヘッドの水抜きを行っておく必要があります。ヘッドをよく振って内部の水を抜き、フックにはかけずに床へ置くと、凍結による破損を防げます。

■まとめ
シャワーで水のトラブルが発生する主な原因は、経年劣化にあります。穴が空いたり裂け目が入ったりと様々な症状が見られますが、日常で浴室を使用する際に、水気を拭ったり水抜きをしたりすることによって、大きな水のトラブルの発生を防ぐことができます。
パーツを交換する際にはぴったりと合う規格のものを用意することが重要です。自力で修理を行えるかどうか自信がない場合は、無理をせず業者に相談をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ