水のトラブルが発生すると流れが悪くなる

浴室で発生しやすい水のトラブルとして、排水口のつまりがあります。排水口がつまると水の流れが悪くなり、下水へうまく排出されません。賃貸住宅の場合はつまりによって水が溢れ出してしまえば、階下に影響を及ぼすことも考えられます。そのため、つまりなどの水のトラブルを防ぐためには、排水口内の汚れを取り除き、常に水の通りを良くしておくことが求められます。

■排水トラップと排水管をきれいにする

排水口をきれいにするためには、まず排水トラップを取り外し、洗浄しましょう。排水トラップは、下水から立ち上る悪臭や害虫の飛び出しを防ぐパーツです。スライドしたり、回したりすると外せる仕組みになっています。排水トラップを洗うと共に、内部のパーツも歯ブラシなどで汚れを取り除きます。洗浄をする時は、ゴム手袋を着用し、スポンジやピンセットなども使用すると便利です。
次に、排水管の内部をきれいにしましょう。排水管へと通じる穴を確認したら、ワイヤーハンガーを差し込んで、内部の汚れを取り除きます。ワイヤーの先端にブラシがついた器具を使うと、さらに洗浄する長さを延長できます。
髪の毛などを取り除く際にはワイヤーハンガーやブラシが効果的ですが、固形物を流してしまった時には、ラバーカップや真空式のパイプクリーナーが有効です。ただし、奥深くへ流れた場合は業者へ除去を依頼しましょう。

■排水口をきれいにする時の注意点

ワイヤーハンガーなどを使用して汚れを取り除く方法は、つまりの原因となる物質に直接対処できますが、古い鋳鉄管が使用されている際には傷をつけてしまう恐れがあるので、プロに任せた方が安心です。
また、熱湯をかけることは避けるようにしましょう。塩化ビニール製の管が使用されていると、歪みが生じてしまう可能性もあります。お湯を使用したいと思った時には、60度以下の温度で用いるのがポイントです。
汚れを取り除く際、重曹は皮脂汚れに、クエン酸はシャンプーや石鹸などの洗いかすに対して有効に作用します。強い薬剤を用いる方法もありますが、薬剤はそれぞれ使用時間が決められているので、必ずこの設定を守って用いるようにしましょう。換気をすることも大切です。

■まとめ
浴室でのつまりを防ぐためには、こまめに排水トラップや排水管内を掃除する必要があります。日ごろからヘアキャッチャー部分にネットを張ったり、本格的につまって流れが悪くなる前に、パイプクリーナーを用いたりする方法をとると良いでしょう。
汚れが凝固してしまっている場合は、業者に洗浄を依頼するときれいにしてもらうことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ